(1)意義

納税地とは、納税義務者が法人税等に基づく申告、申請、届出及び納付等の義務を履行し、税務署長の行政処分に対する不服、異議の申立て等の権利を行使する場合の基準となる場所をいう。

 

 

(2)納税地の規定

1.内国法人の納税地(法16)

本店又は主たる事務所の所在地

 

2.外国法人の納税地(法17)

 

3.特定信託の受託者である個人の納税地(法17の2)

所得税法に定める場所

 

4.納税地指定(法18)

法人の納税地として不適当と認められる場合は、

その納税地の所轄国税局長は、納税地を指定できる。